はじめての方はこちら → クリック

【簡単】GA4で自分のIPアドレスを除外する方法

【簡単】GA4で自分のIPアドレスを除外する方法

2020年10月、Googleアナリティクスから正式にリリースされたGoogleアナリティクス4(以下:GA4)。

リリースから2年以上たった今、その使い心地や機能面に関する情報がふえ、旧型のユニバーサルアナリティクス(以下:UA)から乗りかえる or 併用するユーザーが増えてきました。

そんな中、GA4ユーザーからはこんな声が。

GA4で自分のIPアドレスが除外できない!

スマホからのアクセスが反映されて困る!

本記事では、UAとGA4のIP除外設定を完了させた私が、GA4でのIP除外設定についてわかりやすく説明します

設定手順をより見やすくするため、その工程をふむ理由や単語の意味などを省いています。

目次

IPアドレスの確認

まず、自分のIPアドレスの確認をしましょう。

IPアドレスは現在、IPv4IPv6の2種類があります。

自分がどちらのIPアドレスをつかってインターネットに接続しているのかを、以下のサイトで確認します。

あなたの IPv6 をテストしましょう。

このような画面に↓

1行目の『 . 』で区切られているのがIPv4、
2行目の『 : 』で区切られているのがIPv6です。

そして4行目に、今閲覧している端末が使用しているIPアドレスが記載されます。

上図の場合「あなたはIPv6接続に対応している…」と書かれているので、実際のIPアドレス除外設定ではIPv6を使用します。

スマホのアクセスが反映される理由と対処法

モバイルデータ通信(4GやLTEなど)をつかうスマホはインターネット接続のたびにIPアドレスがかわるので、IPアドレスの除外設定をしても意味がありません。対策としては、Wi-Fiに接続するかスマホ用のアクセス除外アプリをダウンロードしてください。

IPアドレス除外設定の手順

つづいて、Googleアナリティクス4での設定を以下の順で説明します。

  1. 内部トラフィックルールの作成
  2. データフィルタのテスト
  3. データフィルタの有効化

① 内部トラフィックルールの作成

では、Googleアナリティクス4をひらきましょう。

左下の歯車マーク「管理」をクリック。

プロパティ下の「データストリーム」→「過去48時間に…」の欄をクリック。

下にスクロールし、Googleタグ「タグ設定を行う」をクリック。

内部トラフィックルールの作成手順

設定「内部トラフィックの定義」をクリック。

内部トラフィックルールの作成手順
「内部トラフィックの定義」がみつからない場合は?

右の「すべて表示」をクリック。

内部トラフィックルールの作成手順

右上「作成」をクリック。

内部トラフィックルールの作成画面 が表示されます。

入力事項は以下の5つ。

ルール名
:自分がわかりやすい名前(なんでもOK。あとで変更可)
traffic_typeの値
:internal(そのままでOK)
マッチタイプ
:自分のIPアドレスにより異なる(以下参照)

IPv4の場合→「IPアドレスが次と等しい」
IPv6の場合→「IPアドレスが次から始まる」


:自分のIPアドレスにより異なる (以下参照)

IPv4の場合→すべて入力
IPv6の場合→最初の4ブロックまで入力

条件を追加
:ほかに追加したいIPアドレスがあれば入力(なければスルー)

入力でき次第、右上の「作成」をクリック。

以下のように、内部トラフィックルールに新しい欄が追加されます。

以上で、内部トラフィックルールの作成は完了です。

② データフィルタのテスト

つぎに、前章で入力したデータが設定されているのかのテスト(確認)をします。

先ほどの「管理」画面にもどり、プロパティの下「データ設定」→「データフィルタ」をクリック。

オペレーションと現在の状態が「除外」「テスト」であることを確認します。

このとき「データフィルタがありません」と表記されている場合は、次項の『データフィルタの作成』を先におこなってください。

では、レポート画面に切り替え実際に入力データが設定されているのかテストしましょう。

ここからはIP除外設定をしたい端末をつかって、サイトにアクセスしながら確認をすすめてください。

レポート画面「リアルタイム」→「比較を追加」をクリック。

「過去30分間のユーザー」に今自分がアクセスしている数字「1」が反映されているか確認する。

比較の作成欄は、以下のように設定し「適用」をクリック。

すると、↓のようにテスト画面が横並びで表示されます。

左:現在の表示
右:IP除外設定が反映された場合の表示
1→0になっていれば、先ほど入力したIPアドレスが除外されているということ。

これでIP除外設定のテストはバッチリ!
設定完了までもう一息です。

最後のステップ『③データフィルタを有効化する』にすすみましょう。

「データフィルタがありません」と表記されている場合

前項『②データフィルタのテスト』が完了している方は、こちらの項をとばし『③データフィルタを有効化する』にすすみましょう。

右上「フィルタを作成」をクリック。

「内部トラフィック」をクリック。

「フィルタの詳細」入力画面です。

以下のように入力しましょう。

データフィルタ名:「Internal Traffic」と入力
フィルタオペレーション:「除外」
パラメータ値:「internal」

つづけて下段、フィルタの状態は「テスト」をクリック。

右上の「作成」をクリックしたら、データフィルタの作成は完了です。

前項『②データフィルタのテスト』に戻りましょう。

③ データフィルタを有効化する

データフィルタを有効化すると、除外したIPアドレスに関するデータは取得できなくなり復元もできません。前項『②データフィルタのテスト』にて、かならず除外したいIPアドレスの確認をおこないましょう。
参考:アナリティクス ヘルプ(https://support.google.com/analytics/answer/10108813?hl=ja

さいごのステップです。

先ほど確認したこちら↓の画面で
「テスト」を「有効」に変更する作業をおこないます。

「管理」→プロパティ下の「データ設定」→「データフィルタ」をクリック。

点が3つならんだアイコン→「フィルタを有効にする」をクリック。

「フィルタを有効にする」をクリック。

現在の状態が「有効」になっていれば成功です。

お疲れさまでした!

設定が反映されるまでに数時間かかることがあります。すぐに反映されていない場合は、時間をおいてから再度確認してください。

まとめ

本記事では、GA4での自分のIPアドレス除外設定の手順について説明しました。

IPアドレス除外設定の手順

STEP
自分のIPアドレスの確認

IPアドレスにはIPv4とIPv6がある。

STEP
内部トラフィックルールの作成

除外対象アドレスがIPv6の場合は、最初の4ブロックのみ入力する。

STEP
データフィルタのテスト

一度除外されたデータは戻すことができないため必ずテストをおこなう。

STEP
データフィルタの有効化

「テスト」→「有効」への変更を忘れずに。

UAとはちがい、設定手順がややこしいGA4。

このIP除外設定を後まわしにしていると、いつまでたっても正確なアクセス数を把握することができません。

本記事の手順を参考に、早めの設定完了をめざしましょう。

あわせて読みたい

みんなにシェアしよう!
目次